teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:208/7723 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1/23歩道雪道が多かった試走会報告

 投稿者:NMC事務局  投稿日:2022年 1月24日(月)11時15分12秒
  通報 返信・引用 編集済
  中御所の跨線橋は見たところシングルトラック、ちょうど赤信号で西側に渡ってみるが多少いい程度、
間近でYAMAURAの南北両面の電光標示の温度を見るといずれも0℃。(終盤典厩寺で1℃)
跨線橋を渡った信号から東に戻り、雪面歩道をあきらめ、前回同様、ジグザクに雪のない車道で荒木の宗教団体の脇に出た。
今回ビックハット手前の信大工学部グランド前の駐車場から雪道、その後も歩道の溶けない雪に足元を悩まされ五輪大橋にあがる。
五輪大橋歩道は一人で走る程度に除雪されていたが、点字ブロック側に雪が寄せられて、そうした関心はないようだ。
堤防は例の小森(本番36.5km付近)のライブカメラで「大丈夫」と確認して出ていたが、
歩道の状態によっては大塚の折り返しカットして時間に余裕が出るので久しぶりに「石川亭」と思っていた。
その大塚の折り返しまで北側歩道シングルトラックで行けた。南側歩道も同様で、結局試走会コース全走の29kmはこなすことに。
ラスト直線も雪ありで、除雪しないムサシ、ジョウシンデンキ脇を避けようと北側歩道に出たが、ここもユニクロを過ぎるとシングルトラック。
スタジアムゲート前も写真のように同様だった。誰もゲートタッチはしてない。ゲート前の足跡は私のものだ。
堤防はライブカメラ通り大丈夫だったが、前回も書いたように
更埴橋手前のカラスがクルミを歩道に置き車に割らせるあのクルミ並木の箇所のみ凍結路面だった。

そんな悪条件の中、今回、今季最多、ソロで走る方が多かった。
これは15:32の篠ノ井発の松本からくる2両編成の車両の乗客が前回の4分の1だったのと対照的だった。

歩道雪道があった中、ゴールゲートまでの29.1kmの平均ペースは6分41秒と本番30kmまでの予定ペースより1秒遅いだけだった。
清掃工場の煙がほぼ真上にあがっていたようにほとんど風の影響はなく助かったと言える。
雪の歩道に嫌気がさし、篠ノ井駅までは歩道の道はパスした。
車の少ない生活道路中心の3kmと大回りで駅に。ここは6分38秒と少しペースが上がっていた。
これからして、長野の大会が「もしあれば」4時間35分(ネット)が無理なくいけるだろう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:208/7723 《前のページ | 次のページ》
/7723