teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:830/2240 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

とうとう、雷讃会当日がやってきました(^_^)

 投稿者:室積斐梢  投稿日:2013年 2月21日(木)00時28分42秒
  通報 返信・引用
   こんばんは<(_ _)>

 うひゃ~あ!みわさんは流氷の旅ならぬ、「道東”三白”」の旅をされていたのですね。
寒そうですけど、綺麗な写真です(^_^)いいなあ~!
 どうか気をつけて本州に戻ってきてくださいね。

 さて、本題!
 今回の雷讃会は2/17(日)神保町シアターに程近い神田・山の上ホテル別館の「ワイン
&レストラン アビアントー」で開催されました。そして、今回のゲストは真城さんとそして!
丹羽又三郎さまでございます(^_^)/
 あの「大菩薩峠」の宇津木文之丞さんですよ!室積は「大菩薩峠」大好きなので、
何度あの御岳神社の奉納試合のシーンを何度観たか知れません(…数えると凄い数になる
筈(^^)v)「勝負」では例のシーン、どうだったのか…??是非是非聞いてみたい事満載
で、会場に向かいました。
 昨年12月にお会いした雷友の皆様が続々お集まりになり、挨拶を交わしながらどなたも
お元気な様子にほっとしたのもつかの間、いよいよゲストの登場です。あの文之丞さん以来
約半世紀の時間が経過してるだけに、御祖父様の域に達していらっしゃるのですが、真城さん
みわさんとお話なさるその声は、まさにあの丹羽又三郎さまです…。
 昨年夏の東京での雷夢忌のゲストに来て下さった滝田裕介さん同様、又三郎さまも大映へ
入社される前は黎明期のテレビの世界でお仕事なさっていたとか…。その当時のエピソードなど
も当時を思い出しながらお話し下さいました。テレビと言えば、仮面ライダーシリーズで、
悪役・ブラック将軍を演じていらっしゃった折には、週末になると子どもたちが自転車で又三郎
さま宅へ大挙して押し寄せ、ご自宅の表札が盗まれるという事があり、毎週新しい表札を準備
されていたとのこと(…最後には、表札ではなく、名前を紙に書いたものを表札の場所に貼りつけて
いたそうです)で、「テレビの力は、映画の力の比ではない事を痛感しましたね」とお話され
ておりました。
 「勝負」での雷蔵さんとのお風呂でのシーンでは、「あんまり良く覚えていないのですが…」と
いう前置きの後に、「雷蔵さんはちゃんと褌をしめていらっしゃいましたよ」とのこと。
 …あれ??そのまんまじゃなかったの?と、少々拍子抜けな感じでしたが、それでも現場撮影を
経験した又三郎さまの言葉だけに、納得!「雷蔵さんに斬り殺されて、そのまま僕は風呂の中に
倒れこむのですが、あれは暫く水に浸かったままだったんですよ。もちろん本番だけそうしたので
すが、テストから同じように水に浸かったままだったら溺れて大変なことになってますよね」と
のこと。ほお~!そういうこともあったのね。ほんの短いシーンの事なのですが、そんな風に撮影
された事を知り、ちょっと嬉しくなりました(^_^)
 雷蔵さんとはそんなにお付き合いもなかったとのことですが、野球の試合でのエピソード(雷蔵
さんが一塁目指して走らず、三塁に向かって走って行ってしまった事等など)は当時の様子を振り
ながらお話して下さいました。「不知火検校」「新・座頭市物語」などで共演した勝さんとの思い出
は結構おありで、二度目の御結婚の折も勝夫妻のお世話になったとか…。それでも「雷蔵さんは勝
さんと違ってお金の面でも、人の付き合いの面でもきちんとしていらっしゃった人で、本当に
凄い人だと思いました」と仰っていました。
 前回の三夏紳さんの話と、今回の又三郎さまの話から、雷蔵さんはきっと相手の人となりをきちんと
弁えてお付き合いをされていたんだろうな…と思いました。又三郎さまは1960年に大映入社され
たといっても、それ以前に松竹研究所や新東宝、テレビ会でお仕事をされている経歴を持たれている
方であること、勿論それ以上に俳優としての「何か」を持った人であるということも含めて、きちん
とした距離を置いて存在を認めていらっしゃったのではないか…、今回の又三郎さまのお話を聞き
ながらそんな風に感じた室積でございました(^_^)
 持参した又三郎さまのスチール写真にもサインを頂き、満足満足の室積でしたが、その代わり
今回は雷友の皆様の歓談していらっしゃる様子や、今回のお料理を写真に収めることが出来ません
でした(>_<)スミマセン!!!
 次回は、頑張ってそのあたりも含めご報告しますので、今回はどうか御容赦くださいませ!
 颯爽と御自身のお車に乗り、帰路に着かれた又三郎さまの後ろ姿をお見送りした後、雷友の皆さん
と共に、神保町シアターにて「手討」を鑑賞致しました。
 …勿論、ラストシーン前から、涙・涙・涙…でございます。
 いや~!やっぱり雷蔵さんは素敵です!!

 映画終了後、まだまだ雷讃し足りないメンバーで、カラオケハウスに立てこもり(?)雷蔵さん
の映画挿入歌のメドレー等などを歌いまくりながら、雷讃雷讃でございました。
 今回も御参加された雷友の皆様、真城さん、そしてみわさん、本当にお疲れさまでした<(_ _)>
 そして…本当にありがとうございました(^_^)/

 次回は、3/9(土)京都「天喜」さんにて高田宏治先生をお迎えしての雷讃会です!
 こちらも楽しみでございます。
 久々の「天喜」さんなので、女将さん!!また楽しいお話を宜しくお願いしますね(^_-)-☆


 
 
 
》記事一覧表示

新着順:830/2240 《前のページ | 次のページ》
/2240